またまた僕の正体がバレちゃった。

「いらっしゃいませ。」

「んー。これとこれかな。○○もいいかな〜?」

「かしこまりました。◯○も美味しいですが、▽▽も僕は好きです。ん?えっ。江崎さん!!」

「えっ。もしかして、あっ。名札。鈴木さん!?」

ホント世間は狭い。

大阪って人口多い方だよね?

なんでこんなに知っている人が僕のバイト先にくるの!!

取引先の江崎さん。

40歳くらいの若い女好きの既婚男性。

「なんで鈴木さん。バイトしてるの?そんな借金とかあるように見えないけど。」

「暇なんですもん。ここの職場けっこう力仕事あるので、筋トレにもなっているんです。ほら。僕の上半身結構鍛えられているでしょ?」

「元体育関係って聞いていたから、筋肉はあるとは思っていたけど、割とがっしりしてるんだね。いや〜。それにしても驚いた。」

「ちゃんと上田(上司)には言ってるんで、秘密にはしていないんですよ。でも、職場で僕がバイトしていること知っている人は案外少ないです。なんかそういう話題にならないんですもん。」

「へ〜。そうなんだ。じゃあ次に会社に行くとき、上田さんとその話してもいい?」

「いいですよ。上田は僕のプライベートなこと全然聞いてきませんもん。」

翌日。

僕は職場で事務作業をしていた。

江崎さんが来ている。

「え〜。○◯ください。(僕のバイト先の商品)」

「かしこまりました。◯○も美味しいですが、▽▽も僕は好きです。って何言わせるんですか!!江崎さん!!もう。」

僕はすぐにからかわれちゃう。

困ったもんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました