また愛がなくなった話。

やっぱ僕は恋愛無理だ。

このセクシャリティーだからじゃない。

向いてない。

駆け引きみたいなまわりくどいことが。

僕はTwitterの推しの人が唯一気になっていた。

DMのやり取りもよくしていた。

「今度遊びましょう!!」

「もう会った時、抱きしめてくださいよ〜。」

「えっ。好きなのは、◯◯さんだけですよ!!会いましょう!!」

こういうやり取りは頻繁にしていた。

僕は気づいていた。

推しの方に流されているだけだということを。

そのモヤモヤが嫌だったので、思い切ってLINEのアドレスを一方的に僕は推しの方に教えた。

僕に興味がなかったら、LINEは拒否してくれるんじゃないかと期待したからだ。

そう思ったのに、LINE交換はすんなりしてくれた。

ん〜。

どうなんだろう。

チャンスはあるのか。

遊ばれているのか。

メッセージのやりとりだけでは、何を考えているのかわからない。

誰にでも仲良く接する社交辞令感しか、その方に感じないのだ。

だから僕はこの方が本当に存在する方か、気になり始めた。

もしかしたら、ゲイになりすました女性ということもある。

自撮りはされているけど、自分じゃない他人の可能性だってある。

これを打破するためには、通話しかない!!っと思った。

僕はお願いした。

「LINE通話しましょう!!話してみたいです。」

「えっ。そんなもしかしてリョウタくんは俺に下心でもあるの?」

こっちが「えっ。」になる。

ある程度メッセージのやり取りをたくさんしてきて、今更下心がある?みたいなことを聞かれると、こういうやりとりが無限ループするとしか考えられない。

ああ。

終わった。

そこから僕の想いは砕けた。

なんのためにこの人とたくさんメッセージのやり取りをしていたんだろ。

僕って馬鹿みたい。

大切な時間をこんなことに。

愛は消滅した。

ドジュー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました