僕は食べ物泥棒だったみたい。

お腹が空いて、冷蔵庫をガサガサしていたら小さい頃を思い出した。

僕が小さい時、家にはあまりお菓子がなかった。

ポテトチップスを食べたりするのは、決まって友達の家。

家で食べたことはない。

お菓子は、全部お母さんの手作りだったんだ。

でもお母さんも毎日家にいたわけではない。

僕が学校から家に帰ってくると、誰もいない。

留守番は大丈夫だけど、お腹がすく。

グー。

冷蔵庫の中を漁り、食べれるものを探す。

ハム、ちくわ、チーズがあったので、バレないように一本ずつ食べる。

一本食べて、部屋に戻ったらまた食べたくなった。

また冷蔵庫に来て、一本食べる。

部屋に戻る。

あと一回だけあと一回だけと思っていたら、全部食べてしまった。

お母さんが帰ってきて、夜ご飯の準備を始めた。

「まあ!!ちくわがない!!今晩のおかずにしようと思っていたのに!!」

問い詰められて、怒られはしなかったと思うけど、小学生〜中学生くらいまではこんなことばっかりやっていた。

ど、泥棒だ〜!!

この話面白いから、今度お母さんに会ったときにしてみようと思う。

そんなこと言っていたら、お腹が空いた。

てかポテトが食べたい。

マクドナルドのポテトが!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました